審美治療とは?

審美治療とは、何らかの原因で失った(あるいは欠けてしまった)歯を専用の素材を用いて修復し、天然歯に近い形や色・質感へ仕上げる治療法です。

当院の審美治療は単に外見の美しさを整えるだけでなく、歯並びや噛み合わせの不具合を解消し、審美性と機能性の両方を視野に入れた治療をご提供します。

当院の審美治療では次の目的のもと治療を行います。
  • 自然な白い歯をつくります
  • 歯並びや噛み合わせを良好にします
  • 虫歯・歯周病や口臭の予防処置を行います
  • 将来的に歯を残せる可能性を高め、入れ歯やインプラントの可能性を減少させます

審美補綴治療

歯を修復する補綴物(ほてつぶつ)には、クラウン(被せ物)とインレー(詰め物)があります。
当院では、患者様のご要望やご予算に応じて、様々な症例に適した補綴物をご用意しています。

ハイブリッドレジン

ハイブリッドレジンとは、保険適用のレジンと保険適用外のセラミック材料を混ぜた、セラミックとレジンの中間のような素材です。

この材料はレジンの変色しやすい欠点を補ったものですが、セラミック材料よりも透明感は減少するため、前歯の修復には不向きと言えます。

金属アレルギーの心配はなく、硬すぎることもないので周囲の歯を傷つけることなく装着できるメリットがあります。

オールジルコニア

ジルコニア素材は人工ダイヤモンドとも呼ばれていて、耐久性が非常に高く、生体親和性に優れている特徴があります。

歯ぎしりの強い患者様でも破折する心配が少なく、咬合面の摩耗も少ないため、対合歯を傷つけることがほとんどありません。

変色もなく、セラミックに比べて安価なのもメリットです。

メタルボンドポーセレン

メタルボンドポーセレンとは、ポーセレンという陶器素材の内側に金属を使用し、耐久性を高めた被せ物です。

金属で裏打ちされているため、表面のポーセレンが欠けない限り半永久的に使用いただけます。

古くから使用されてきた安定感のある治療法ですが、金属アレルギーのある方には不向きです。

適用後は、歯の手入れに十分気を付ける必要があります。

ダイレクトクラウン

ダイレクトクラウンは歯の型を取らずに歯科医院ですべて作成するため、ご来院いただいたその日に歯を修復することができます。

また、技工所での作製を必要としないため、他の保険適用外の審美治療に比べて安価な特徴があります。

金属アレルギーの心配はなく、審美性・耐久性に優れたメリットがあります。

ただし、強い力が加わると欠ける恐れがあるため、十分なケアとお手入れが大切です。