噛み合わせ治療とは

私たちが普段何気なく行っている多くの習慣は、知らず知らずのあいだに歯や顎にダメージを与え、身体に様々な影響を与えています。

例えば、睡眠中の歯ぎしりや日中の食いしばり。

通常、脳は歯や顎に負担を与えないように噛む力を制限しています。

しかし、日々のストレスなどによって歯ぎしりや食いしばりが起きると、歯や顎に固い食べ物を食べるときの約8倍の力が加わると言われています。

こうした習慣が継続されることにより、歯や顎へのダメージは次第に蓄積され、顎関節や噛み合わせに問題が生じてきます。

「顎に違和感がある」「慢性的な頭痛や肩こりを抱えている」という方は、当ページでご説明する内容をぜひ参考にしてください。

このような症状はありませんか?

  • 食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる。
  • あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる。
  • 耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる。
  • 大きなあくびや、りんごの丸かじりができない。
  • ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある。
  • 人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない。
  • 口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする。
  • 最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある
  • 最近、かみ合わせが変わったと感じる
  • 頭痛や肩こりを起こしやすく目が疲れやすい

悪い習慣が顎関節や噛み合わせに悪影響をおよぼす

噛み合わせの悪化を招く3つの習慣

噛み合わせが悪化する原因のほとんどは、私たちが普段行う何気ない習慣によるものです。

特に、下記のような習慣のある方は、普段から十分に注意して対策を行う必要があるでしょう。

1 ストレスなどによる歯ぎしり・食いしばり

過度のプレッシャーやストレスを感じると、無意識に口周りの筋肉が緊張し、睡眠中や日中に食いしばりや歯ぎしりを引き起こします。

これらの習慣が継続的に行われると、歯に負担が生じて噛み合わせが悪化します。


2 姿勢の悪さ

悪い姿勢が続くと身体が徐々に歪んできます。

例えば、決まった方の足を上にして足を組む、バッグをいつも決まった方の肩に掛けている、睡眠中にいつも同じ方向を向いて寝ているなどの癖のある方は要注意です。


3 頬杖や噛み癖などの癖

噛み合わせが悪くなる癖の例として、「頬杖をつく」といった習慣があります。

例えば、あなたはテレビを見るとき、いつも決まった方向に向いて頬杖をつき、画面を見てはいないでしょうか?

こうした癖は顔の特定箇所へ継続的に力を加えていることになり、骨が変形して噛み合わせに悪影響を与える場合があります。

また、食べ物を右の歯で噛むことが多い、などの噛み癖も注意が必要です。


噛み合わせの悪化がもたらす6つの悪影響

悪い習慣によって噛み合わせが悪化すると、次の6つのような悪影響が現れる場合があります。

1 虫歯になりやすい

噛み合わせが悪くなると、虫歯になりやすくなります。

通常、歯は噛むときに歯と歯がぶつかることで、ある程度の汚れを自然に落とす特徴があります。しかし、噛み合わせが悪いと歯の当たる面積が小さくなり、汚れが十分に落ちず、虫歯のリスクを高める原因となります。


2 歯周病になりやすい

噛み合わせが悪いと噛んでいる歯に負担がかかり、歯周病の可能性を高めます。

また、人は30歳を過ぎるあたりから身体の抵抗力が低下するため、さらに歯周病リスクが高まります。


3 しっかりとした歯科治療が難しい

歯が斜めになっている、もしくは凸凹しているなど、噛み合わせが悪い方はブラッシングが困難になるのと同時に、歯科治療も難しくなります。


4 顔に歪みが出やすくなる

片方の歯だけで噛む癖が習慣化して噛み合わせが悪くなると、顔の筋肉(表情筋や咀嚼筋)の筋肉がバランスを崩し、顔が徐々に歪んできます。

また、その下の骨は筋肉の厚みによって変化するため、結果的に顎の形も変形してしまう恐れがあります。


5 頭痛になりやすい

噛み合わせが悪いと、顎の関節から頭の横につながる筋肉(側頭筋)が緊張を起こし、頭痛を誘発する場合があります。


6 肩こりを引き起こしやすい

噛む筋肉がバランスを崩すと、首や肩にかけて繋がっている広頸筋(こうけいきん)に負担がかかり、肩が凝りやすくなります。


噛み合わせの治療法

当院の噛み合わせ治療では、噛み合わせの悪化によって生じる様々な症状を緩和・改善するための治療を行います。

治療法は、噛み合わせが悪くなってしまった原因によって異なります。

まずは問診と検査によって原因を特定し、患者様1人ひとりに合った最適な治療プランを考えていきます。

セルフケア
歯ぎしりや食いしばり、うつぶせ寝、頬杖、猫背といった日常的な習慣が原因となり噛み合わせが悪化している場合は、普段の生活習慣を見直すセルフケアを中心に治療を行います。

基本は「顎に負担をかけないこと」を意識し、食いしばりや歯ぎしり、頬杖などの悪癖が出ないように常に心がけてもらいます。

また、片方で噛まずに両方で均一に噛むように注意もしていただきます。

同時に、顎の筋肉の緊張をほぐし、関節まわりに加わった負担を解消するためのマッサージやストレッチ方法についてもご指導いたします。

鎮痛剤・消炎剤の処方
顎関節への負担が大きく、開口時に痛みが生じたり、炎症が起きている場合は鎮痛剤や消炎剤を服用していただきます。

慢性化した炎症を抑え、痛みの緩和を図ります。

スプリント矯正
シリコンやレジンでできたマウスピースを装着し、顎の正しい位置を身体に覚えさせることで、顎関節にかかる負担を減らし、噛み合わせを修復します。
マウスピースによる治療
噛み合わせ悪化の原因が睡眠中の歯ぎしりによる歯の摩耗によるものである場合、これ以上擦り減らないようにマウスピースで保護する治療を行います(スリープスプリント)。また、擦り減りが激しい方には、摩耗した部分を補填するため、仮歯や矯正、セラミックなどを使って治療を行う場合があります。