予防治療とは?

予防治療とは、「治療を行う前に、治療する必要のない健康な口内環境を保つこと」を目的とした歯科分野の1つです。

近年ではその重要性が世界で広く認識され、治療技術の目まぐるしい進展が見られる分野でもあります。

歯科の予防先進国と言われているスウェーデンでは、国民の歯科検診受診率は90%を超えています。

それほどまでに、歯の予防はQOL(生活の質)に欠かせないものであると考えられているのです。

一方、日本においては歯の予防意識はまだまだ浸透しておらず、歯科検診の受診率はほんの2%に停滞しています。

さらに、両国の歯科検診受診率の差は、将来に残せる歯の本数において劇的な差を生み出しています。

80歳の日本人における平均残存歯数(残っている歯の数)は6.8本なのに対して、75歳のスウェーデン人の歯の平均残存数は19.5本を記録しているのです。

これは、正しいお口のケア(予防管理)を継続すれば、生涯を通じて自分の歯を残していくことは十分に可能であることを意味しています。

歯の予防には、主に次の3つのメリットがあります。

  • 虫歯にかかるリスクを効果的に減らすことができる
  • 歯周病にかかるリスクを低減させることができる
  • 将来に残せる歯の本数が増えやすことができる

年を重ねても自分の歯を使い続けるためにも、日々のお口の健康管理をしっかり行うことが大切です。こちらでは歯科医院での予防管理をはじめ、ご自宅での適切なケアについてご紹介いたします。

プロフェッショナルケアとセルフケア

プロフェッショナルケアとは、歯科医院で行う予防処置のことを指します。

当院では、歯の専門家によるお口のクリーニング(PMTC)を中心に、正しいブラッシング方法を指導したり、1人ひとりに合った食事の取り方・生活習慣を指導させていただくことで、患者様の末永い歯の健康を守ります。

一方、セルフケアとは、皆さんが毎日ご自宅で行う歯磨きや食生活によって予防管理を行うことを意味します。

適切なブラッシングや、健康的な食生活を継続することで良好な口内環境を維持します。

当院では、ご来院いただく患者様へプロフェショナルケアを提供するとともに、患者様1人ひとりに合ったセルフケアの方法について指導し、皆さまの歯の健康を守るお手伝いをしています。

セルフケア:正しいブラッシング法について

虫歯や歯周病を予防していくためにもっとも重要なのは『プラークコントロール』です。

プラークコントロールとは、正しいブラッシングによって歯垢(プラーク)を取り除き、お口の中の悪い細菌を増やさないようにコントロールする取り組みを意味します。

ブラッシングはすぐに効果が出るわけではありませんが、毎日コツコツと継続することで歯を長持ちさせる効果が現れます。

当院では歯科衛生士が丁寧に適切なブラッシング方法についてご指導いたします

正しいブラッシングの方法

  • 1. 歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます
  • 2. 力を入れすぎず、軽く磨きましょう。
  • 3. 歯ブラシは細かく動かします。
  • 4. 1ヶ所あたり10回~20回程度、磨いてください。

歯周病における定期検診

歯を失う原因には様々ありますが、もっとも多いのが「歯周病」によって歯を失うケースです。

虫歯には一度もなったことがないという方も、歯周病によってすべての歯を失ってしまうというということは十分にあり得る話です。

そうならないためにも、当院では1ヶ月~半年に一度の定期検査にご来院いただくことをオススメしています。

歯周病について詳しくは「歯周病治療」ページをご覧ください。