乳歯

お子様の歯(乳歯)は、成長の過程でいずれ永久歯へと生え替わっていきます。

生え替わるからと言って、乳歯が虫歯になっても放置して良い理由にはなりません。

乳歯の虫歯は、のちに生え替わる永久歯に大きな影響を与えるのです。

当院では、お口のメンテナンスを中心とした診療システムを活用し、お子様への予防治療に力を入れています。

お子様の将来の健康な歯を守るために、普段からしっかりとケアを行うことが重要です。

デリケートなお子様の歯 ~乳歯の特徴~

乳歯は永久歯と比べて、以下のような特徴があります。

下記の理由より、お子様の歯はご家庭でのこまめなケア・歯科医院での定期的なメンテナンスでしっかりと健康管理してあげることが大切です。

  • 歯のエナメル質や象牙質が薄いため、虫歯になりやすい特徴があります。
  • 虫歯の進行も、永久歯に比べて早くなります。
  • 永久歯よりも歯の中にある歯随(歯の神経) の占める割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷める可能性が高くなります。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯菌はいません!

ご存知でしょうか?実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。

お子様が虫歯になるのは、お母さんやお父さんのお口の環境に大きく左右されるのです。

お子様がお口に虫歯菌を持ち始めるのは、お母さんやお父さんの愛情表現である口移しや飲み回し、キスといった行為が原因となる場合があります。そのほかにも…

  • くしゃみ
  • 同じお箸やスプーンで食べる
  • 温かい食事をフーフーして食べる
  • 虫歯がいるお友達がなめたおもちゃを舐める

といった経路から虫歯菌がお子様へと感染していき、普段の生活の中でむし歯菌をお子様に全く移さないことはほぼ不可能といえるでしょう。

ただし、お口のメンテナンスを行った母親のグループは何もしなかった母親のグループに比べて、お子様の「虫歯菌感染率」が30%近く抑えられたという実験結果もあります。

つまり、お子様を虫歯から守るために大切なのは、大人がお子様へ「移す虫歯菌の量をなるべく減らしてあげること」なのです。

当院では大人の方の予防プログラムも提供しています。

当院で行う虫歯予防

当院では、次の3つの方法によってお子様の歯の予防を行います。

 

フッ素塗布

まず、お子様の虫歯予防に「フッ素」を使用する方法があります。

フッ素にはエナメル質(歯の表面層)を強化し、 虫歯の原因である酸によって歯が溶かされるのを防ぐ作用があります。

フッ素を歯の表面に塗布することで、酸で柔らかくなりかけているエナメル質を再び硬くする「再石灰化」の作用も働き、虫歯の予防にとても効果的です。


 

シーラント

シーラントとは、プラスチック樹脂を奥歯の溝に流し込み、くぼみを埋めることで、歯ブラシが届きにくく不衛生になりがちな奥歯の虫歯を防ぐ予防法です。

シーラントはフッ素と並んでお子様の予防に効果的であり、生えて間もない6歳臼歯や乳歯の奥歯に適用するのが一般的です。


 

サホライド(虫歯進行止め)

まサホライドとは、虫歯の進行を抑えるための薬です。

お子様の初期の虫歯に直接塗布して使用し、サホライドに含まれる銀イオンが虫歯になった部分に吸着し、虫歯の進行を防ぎます。

ただし、ある程度進行した虫歯に対しては、悪くなった部分を最小限に削り、サホライドを塗布します。