再生治療 ~エムドゲイン再生療法~

歯周病によって歯槽骨(歯の土台となる組織)が溶かされると、抜歯して入れ歯にするか、インプラント治療によって噛む機能を回復するしか方法がないと思っている方は多いのではないでしょうか。

しかし実は、歯周病に侵された歯槽骨を再生するエムドゲイン再生療法によって、自分自身の歯を使い続けるという選択肢もまだ残されているのです。

エムドゲイン再生療法とは、特殊なたんぱく質を失われた歯根部の周りに適用することによって、歯槽骨を再びよみがえらせる治療法です。

骨の再生には「エムドゲインRゲル」と呼ばれる、豚の歯ができる時のたんぱく質を使用します。

エムドゲイン(たんぱく質)によって骨を再生

エムドゲインRゲルとは豚の歯の生成に重要な働きをするタンパク質(エナメルタンパク)であり、スウェーデンのビオラ社で開発されたものです。

このたんぱく質を歯周病によって溶かされた骨(歯槽骨)へ適用することで、生体は丈夫な歯を作ろうと錯覚を起こします。

そして、歯の周りにある骨が徐々に形成されていき、結果として歯周病が改善されるのです。

エムドゲインは幼若ブタの歯胚から抽出・精製されたものであり、2005年時点で世界の39ヵ国におよぶ国々で使用されるようになっています。

日本国内においてもその治療効果と安全性が認められ、2002年に厚生労働省の認可を受けた治療法となっています。

エムドゲインのメリット・デメリット

メリット
  • 入れ歯やインプラントなどではなく、自分自身の歯を使い続けることができる。
  • 合併症を誘発するリスクが少ない。
  • 適用時には目安として50~90%の骨を再生することができ、歯周ポケットを浅くできる。
デメリット
  • どのような症状においても適用できるわけではない。
  • すべての骨を再生することができるわけではなく、再生できる量は人によって異なる。
  • 骨の再生にはある程度の時間が必要。